8歳下アメリカ人の彼と日本人女(35歳)の、交際歴3年の日米カップルが、05年8月から3年間 ニューヨーク~ペンシルヴェニアと離れて暮らしています。


by nypenn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

キレイな空

d0041867_1105277.jpg
PAからの帰り道。
[PR]
# by nypenn | 2007-06-18 01:11 | PAの日々
…とまぁ、いろいろ思ったことを私なりのリールズでまとめてみましたが、
また何か思い出したら書こうと思います。

ところで、年末年始の日本の里帰り中のことです。
これまでのすったもんだがまるでウソのように、
以前のような自然な私たちで、長い旅を終えようとしていました。

アメリカへ帰国する前夜に、どちらからともなく再び結婚についての話になったのですが、
彼は
「自分は両親がいなくとても寂しく育ったから、
自分の子どもには自分がないものを与えたいんだ、」と
彼は泣きながらいっていました。

そのときに思ったのは、
「いろいろと慎重に考える人だから、将来に対しても簡単に答えを出さないのね」と。
そして「きっと学校を卒業して、生活が落ち着いたときに、
ふと結婚したいと思うんだろうね」と。
お互いハグしあいながら、ワンワンと子どものように泣きました。

そして後日、彼に会った親戚からメールが返ってきたのですが、
それがなかなか冷ややかなものでした。

「いい人そうね。でも、●●(私の名前)の将来のことを考えると…」みたいな内容。

実は挨拶に2人でお邪魔した際に、
「結婚について話しているの?」と聞かれ、
いろいろと説明するのが面倒なので「いや、まだ」とお茶を濁した返答をしてしまった私。

私がそういうことを言ったのがそもそもの原因だと思うのだけど、
親戚からの、消極的な意見にヘコんでしまいました。

でもよく考えると、他の私の大勢の友達は、みんなポジティブ志向で、
みんな私たちに会えてよかった、楽しかった、とか
彼はいい人そう、いつまでも幸せにね、などとプラスの内容。
だからそういう意見に振り回されず、聞き流すことにしました。

NYで出会った、ある女性が言いました。
「事業を起こす際に、8割の人に反対された。
でも2割にどうかけるかどうかが、運命の別れ道だ」と。
彼女は、NYで成功している日本人女性の一人です。

他人のマイナスな意見は放置します。
結局2人のことは2人しかわからないのですからね。
[PR]
# by nypenn | 2007-03-13 05:19 | 自己流ルールズ 
彼が婚約を簡単にしないのは、
ロースクールが忙しく、卒業するまで結婚や子どもなど考えられないという理由と、
もう一つは、
やはり私との将来に少しだけ不安を持っているからこそ、
素直に「Yes」と言えないのだということも確かだと思われます。

私の英語力、ステータス、性格、、、いろいろな要素があると思うけど
悲しいかな、現実はそうです。

でもそれらは現時点での事実として
ポジティブにそれらのことを受け止めたいと思っています。

これだけいろいろポジティブなルールズの要素を並べ連ねましたが
やはり不安でどうしようもなくなることはたびたびあります。

そのときは、あるタロットカードの絵を思い出すようにしました。

私はもともと占いに頼るタイプではないのですが、実は日本滞在中にある方が
今ちょっとしたマイブームというタロットをその場の雰囲気でしてくださりました。

そのときのカードの結果が、とてもポジティブにさせてくれるものだったのですが
現在のカードが
「氷山の絵柄」

…つまり現時点では、凍り付いているという意味

次に引いたのは、将来のカード
「光が遠くに見える絵柄」

…たいへんだけど努力すれば乗り越えられるという意味

そのためには、
「石の絵柄」

…信頼することが大切という意味

そして、最後に出たカードが…
「雨風の中踊っている絵柄」

…雨でも風でも、踊ること。どんなことでも楽しんで切り抜ける。

私には、今まさにこれが必要なのでしょう。

相手の言っている一語一句に振り回されるのではなく。
[PR]
# by nypenn | 2007-03-04 14:25 | 自己流ルールズ